予防接種

予防接種

TOP > 診療案内 > 予防接種

「ワクチンデビューは
生後2か月の誕生日」

予防接種の普及により、多くの重篤な病気が減少しています。ぜひとも生後2か月より予防接種をすすめましょう。つい副反応が注目されがちですが、その背景では絶大な効果を発揮しています。「予防接種ってちょっと怖いな」とお考えのお母様、一度その意義に関してお聞きになりませんか?

予防接種時に
ご持参頂くもの

  • 母子手帳
  • 予診票
  • ・定期接種の場合、横浜市より送付されている予診票

    ※届いていない場合は横浜市予防接種コールセンターへお問い合わせください。
    (045-330-8561) 

    ・任意接種の場合、任意接種用の予診票
    (院内に用意していますが、下記のファイルをダウンロードし、あらかじめ記入しておいて頂くとスムーズです。)

  • 保険証
  • 医療証
  • 診察券

※来院前の最終確認!


・体温は図りましたか? 
(37.5度以上ある場合は、接種できません)

・母子手帳はお持ちになりましたか?

・予診票は記入されましたか?

こんな方は、
母子手帳をご持参のうえ
ご相談ください

「どのようにスケジュールを立てればよいか分からない」

「治療等で予防接種が進められておらず、今の年齢だとどの予防接種を優先して打てばよいか分からない」

「留学前に必要な予防接種を打ちたい」

「海外渡航予定でのワクチンスケジュール相談をしたい」

定期接種

(横浜市民の方は無料となります)

・ヒブ 
・肺炎球菌 
・B型肝炎 
・4種混合 
・BCG 
・MR(麻疹風疹) 
・日本脳炎 
・水痘 
・2種混合 

・ヒトパピローマウイルス(接種希望の方は事前にご連絡ください)


任意接種

・ロタウイルス1価/5価 
・おたふくかぜ 
・3種混合 
・季節性インフルエンザ
・不活化ポリオ 
・A型肝炎 
・髄膜炎菌 
・23価肺炎球菌

※不活化ポリオ・A型肝炎・髄膜炎菌・23価肺炎球菌の予防接種は事前にお電話でのご予約が必要になります。

電話:045-716-1011(自動電話でのご予約はできません) 

※2018年8月、就学前の 3 種混合・不活化ポリオワクチンの追加接種の推奨(任意接種)が加わりました。詳しくは当院にお尋ねください。

※髄膜炎菌ワクチン(メナクトラ®)や23価肺炎球菌ワクチン(ニューモバックス®)の接種が可能です。接種に関しては医学的適応がありますので、まずは医師とご相談ください。

 

 

↓ワクチンに関する詳細はこちら↓


KNOW-VPD!VPDを知って、子どもを守ろう

MAP

MAP
ページトップへ